本文へ移動

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

50歳代以降に多く出現する整形外科疾患で、悪化すると歩行時のしびれや患部の灼熱感がひどくなり、日常生活に多大な支障を来たします。整形外科では神経の圧迫部を取り除く手術を行ないますが、微妙で難しい手術のため実績を多く持つ病院は限られているのが現状です。漢方薬による対応では、患部の変形そのものは治せませんが、周辺に起きている充血や鬱血を取り除き、また周辺の筋肉の拘縮を改善させる事により症状を改善させて行きます。

代表的な処方

・芍薬甘草湯 : 痛みや筋肉の吊りが激しいもの
・疎経活血湯 : 患部の鬱血や充血を改善させる基本処方として用います。
・真 武 湯 : 冷えにより悪化する傾向のあるもの

きく薬局
福島県郡山市中町1-19
TEL.024-922-4328
FAX.024-922-4316
──────────────

1.漢方薬、漢方相談
2.健康食品、サプリメント

3.自然食品
4.中村式ダイエット
5.一般用医薬品
──────────────

 

0
8
1
8
6
1
TOPへ戻る