本文へ移動

せき・ぜんそく

せき・ぜんそく

気管支や肺の一部に炎症や熱を帯びた部分があり、非常に敏感になっているために、ホコリや煙、温度差など少しの刺激でも咳が起こりやすくなるのです。
また、この状態が長く続くと気管支に炎症性の浮腫(むくみ)を起こし、そこにアレルギー反応による炎症が加わると気管支の通りが狭くなり、呼吸困難やゼーゼーヒューヒューなどの症状を起こすことになります。

漢方の治し方では、この気管支の炎症と熱とを同時に改善して行きます。

代表的な処方

・柴朴湯 : 風の後の咳や気管支ぜんそくに
・小青竜湯 : 痰が多く出ると咳、鼻水を伴うもの
・麦門冬湯 : 痰の切れにくい咳、高齢者の長く続く咳

きく薬局
福島県郡山市中町1-19
TEL.024-922-4328
FAX.024-922-4316
──────────────

1.漢方薬、漢方相談
2.健康食品、サプリメント

3.自然食品
4.中村式ダイエット
5.一般用医薬品
──────────────

 

0
8
1
8
6
1
TOPへ戻る