本文へ移動

不妊症・習慣性流産

不妊症

相談に見える方の多くは、女性の場合子宮や卵巣などの器官の働きが不十分な、いわゆる機能障害によるものです。これは冷えやストレス、瘀血(血流障害)などの原因によるものが多く、その原因を取り除いて行くと良い結果が得られる場合も多くあります。病院での現代医学的な不妊症治療では、機能障害の原因には手を付けず、安易に外部よりホルモン剤を投与したり、また排卵誘発剤の長期使用により状態を反ってこじらせてしまっている場合も多々見られます。男性側に原因がある不妊症では、ストレスの影響や基礎体力の低下などの原因が多く見られます。

 

                           「漢方による不妊症の考え方」のページに飛ぶ

 

代表的な処方

・当帰芍薬散  : 冷え症で体格も細く、胃腸の不調や貧血の傾向のあるもの
・桂枝茯苓丸  : 瘀血(血流の障害)の原因のウェイトが大きいもの
・桂枝加竜骨牡蠣湯 :精神的なストレス等の要因が大きいと思われるもの

きく薬局
福島県郡山市中町1-19
TEL.024-922-4328
FAX.024-922-4316
──────────────

1.漢方薬、漢方相談
2.健康食品、サプリメント

3.自然食品
4.中村式ダイエット
5.一般用医薬品
──────────────

 

0
8
1
8
6
1
TOPへ戻る